キャリアに関する記事」カテゴリーアーカイブ

在宅ワークに向いているのはどんな人?

今日読んだ記事で、在宅ワークに向いている人の特性について書いたものがありました。

「在宅ワークで成功できる人」が兼ね備えている、5つの特性

その5つとは、

  • 内向的である
  • 自分に厳しい
  • 被害妄想的なところがない
  • テクノロジーに明るい
  • アピールが上手い

だそうです。

これからの時代は、在宅ワークを含むリモートワークがより推進されていくだろうなぁという気はしていますが、自分はまだリモートで働いたことがないので向いているのかどうかよくわかっていません。
が、この5つの特性を見る限り、

  • 内向的である →○(でも定期的に人と喋りたい)
  • 自分に厳しい →△
  • 被害妄想的なところがない →○(人の評価は気にするけれど、被害妄想まではいっていないはず…)
  • テクノロジーに明るい →○
  • アピールが上手い →△

なので、「在宅に向いている!」とは言い切れない感じですね。

ただしアピール上手については、記事のなかで

オフィスで働いている場合は、出勤して忙しそうにしているだけで、間接的に自分をアピールしていることになる。しかし、在宅仕事ではそうはいかない。

とありましたが、私の職場では出勤して忙しそうにしているだけではアピールにならないので、そういう意味では在宅になっても今とあまり変わらないかなという印象です。

最初の2つの特性に当てはまっているかが微妙ですが、これは在宅ではなくコワーキング・スペースなど他の人がいるスペースでならうまく解消できそうです。
実際、家で何か(仕事以外の)作業をしようとしてあまり気分が乗らない時には、カフェなどの一目があるところに行くとより集中できる気がします。

あとは自分の特性以外にも、そもそも自分が担当する業務が家でできるものなのかどうかですよね。
webのエンジニアとか、何かを執筆するとかなら完全に家でもできそうですが、定期的に複数人で集まってコミュニケーションをとりたい場合などはオフィスのほうに利点がある場合がまだまだ多そうです。1対1や1→多のコミュニケーションならまだメールやチャットでいいんですが、ディスカッションとなるとやはり対面には敵わないんだよなぁ…。そういうのを支援するようなツールもどんどん出てくるといいなと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ